バイオリポジトリ技術管理士(BiTAビィータ)
Biorepository Technical Administrator
BiTAはバイオリポジトリ専門技術者の要員認定資格です。

試験対策

出題範囲

・ 生物試料ハンドリング(収集・プロセシング、保管) (25~30%) 
  ※ヒト検体が対象
・ 試料・データ保管管理ならびに品質管理 (25~30%)
・ 安全性ならびに感染管理(25~30%)
・ リポジトリの運営(10~15%)
・ 倫理(5~10%)

テキスト

・ISBER ベスト・プラクティス:リポジトリに対する推奨事項 (英語版第4版/日本語対応版)
https://www.isber.org/page/BP_choose_language?
・ISO 20387 バイオテクノロジーバイオバンキングーバイオバンキングの一般要求事項
https://webdesk.jsa.or.jp/books/W11M0090/index/?bunsyo_id=ISO%2020387:2018
https://www.iso.org/standard/67888.html

(参考図書)
・日本病理学会 ゲノム研究用病理組織検体取扱い規定
https://pathology.or.jp/genome/kitei.html

・JCCLS 遺伝子関連検査 検体品質管理マニュアル(承認文書)(H23年発行)
http://www.jccls.org/active/public2.html#060

・JCCLS 遺伝子関連検査 検体品質管理マニュアル(パート 2)
 新規測定技術・解析試料の品質管理(H29 年発行)
http://www.jccls.org/active/public2.html#060

問題例

後日掲載いたします。